優しい王国の過ごし方

優しい王国の過ごし方

好きなことを好きなだけ書いていくブログです

【睡眠不足】1日の睡眠時間が4時間でもスッキリと起きる方法

f:id:s1621235:20170807140522p:plain

1日4時間睡眠で過ごせれば1日が長くなるのにと考えることって有りますよね

確かに1日8時間寝ている人と比べると1日が4時間多くなりますし、1ヶ月単位で見たら8時間得ている人より5日分も長くなります

そんな夢みたいな方法があったり知りたくないですが?

結論から言うとそんな方法はありません!!

確かに世の中にはショートスリーパーという短い睡眠で済む人もいます

ですがそれは元々持っている遺伝子の問題であり、ある種の才能であります

また周りに4時間睡眠で過ごしている人がいたとしても、その人が毎日眠気や起きる時に不快感を感じているならその人はただ無理をしているだけでショートスリーパーではありません

理想的な睡眠時間については他のページで話しますが、起きてから眠気を感じるような睡眠時間では足りていません

なので4時間睡眠で過ごすことは不可能です

…と言っては試験前の勉強だったり仕事だったりで少ない睡眠時間で生活しなきゃいけないこともあります

 なのでここでは4時間睡眠じゃ一般人じゃ足りていないという前提で、それでも4時間睡眠で過ごすためにはどうしたら良いかというお話します

4時間睡眠をする前に知っておいてほしいこと

目の下にクマのある人のイラスト(男性)

まず知っておいてほしいのは普通の人には4時間睡眠を続けることはリスクが有るということです

睡眠が足りていないと免疫系を弱くなり風邪になるリスクも高くなりますし、病気のリスクも上がります

なんなら長時間寝る人より短時間睡眠の人は寿命が短いという結果もデているほどです

また当然ですが睡眠時間をしっかりと確保している時に比べて、パフォーマンスが下がっています

なので4時間睡眠をするならどこかのタイミングで寝られるときにたくさん寝とくなり、あんまり長期間4時間睡眠を続けないいようにしましょう

そういったリスクが有ることを頭に入れておいてもらって、ここからは効率よく4時間睡眠を取る方法を解説していきます

勝負は寝てから90分後まで

ある睡眠の研究者が入眠からの90分を『黄金の90分』と呼んでおり、この時間をしっかりと寝れるかで残りの睡眠時間の質が決まると言っているほどです

その研究者いわくいくら8時間寝てもこの90分の途中で目覚めてしまったら、眠気は残るだろうと言っています

なぜ入眠からの90分がそれほど大切なのかというと、この時間は脳から成長ホルモンという脳内物質が一番出る時間だからです

成長ホルモンとは子供が体の成長に必要なホルモンですが、実は大人にも作用しており細胞の代謝だったりに大きく関わっています

つまり成長ホルモンとは寝ている時に疲れをとり体力を回復させるのに非常に重要な脳内物質だということです

ということはこの成長ホルモンが一番出る時間にしっかりと睡眠が取れれば体力が回復しやすいということはわかりますよね?

なので4時間睡眠で過ごしたいなら、この寝てからの90分をしっかりと寝ることが必要不可欠になってきます

寝るタイミングは一定に

f:id:s1621235:20170806213126p:plain

仕事が切羽詰まっているときや試験が近い時はどうしても『朝の4時まで勉強(仕事)してから、そこから少し寝よう』と考えがちです

ですが睡眠の質の観点から見るとその考え方は非常に効率が悪くおすすめできません

まず朝の4時に眠ろうと思ったら今まで勉強(仕事)をして脳を使っていたため脳が興奮して中々眠れません

それだけでなくいつもは寝ている時間に起きていると、体力を回復させるのに重要な成長ホルモンが普段より脳から分泌されにくくなってしまいます

つまりいつも寝ている時間に起きていると睡眠時間をずらして同じ時間睡眠時間を取っても体力が回復しにくくなるということです

このことから4時間睡眠で過ごしたいなら、寝るタイミングは一定にして少しでも多く体力が回復するようにしましょう

睡眠環境は万全に

4時間睡眠ですごしたければ、少ない睡眠時間だからこそ出来る限りの質の良い睡眠を取るべきです

質の良い睡眠をとるためには、睡眠の質の良い部屋の温度や湿度を睡眠にしたり、自分に合った枕やマットレスを使うなど様々な方法があります

全てが自分に合うかはわかりませんが、無料で手軽にできることも多いのでひとつずつ試してみてください

詳しくは以下のページでまとめているの、興味がある人は読んでみてください

まとめ

まとめると

  • 寝る時間は一定に保つことで体力が回復しやすい
  • 入眠からの90分を上手く寝られるかで睡眠の質が変わる
  • 出来る限り睡眠の質が上がる環境を作る

ということが大切になってきます

最後に何度も言いますが、4時間睡眠は人間が必要な睡眠時間より遥かに足りていないのでその生活を続けようと思ったらどこかでツケは回ってきます

こんな記事を書いておいてなんですが、私は4時間睡眠を推奨はしていないです

ですが止むをえず短い短い睡眠でやりくりしなきゃいけない時期があるのはわかります

そこでこの記事がそんな切羽詰った時期の少しでも手助けになればいいなと思います

ちなみに黄金の90分については以下の本を参考にさせていただきました

興味がある人は是非読んでみてください