【Amazonプライム】月額プランには120%入らない方がいい理由

f:id:s1621235:20170909115821p:plain

アマゾンジャパン合同会社(Amazon.co.jp)は2017年6月から「Amazonプライムの月間プラン』の提供を発表しました

Amazonプライムは、現在までは年額3900円(税込)で提供されており、会員は「お急ぎ便」「お届け日時指定便」を無料で利用できます。

しかもお急ぎ便やお届け日時指定便が無料になるだけでなく「Amazonフレッシュ」「Amazonパントリー」「Prime Now」「プライム・ビデオ」「プライム・フォト」「Prime Music」「Kindleオーナーライブラリー」などといったサービスまで楽しめるということでAmazonユーザーには大変人気なサービスとなっています。

私も実際入っており、Amazonヘビーユーザーの私はお届け日時指定だけで元が取れるくらい使ってます。

更にはプライムビデオ『お急ぎ便、日時指定無料』のおまけというわけでなく、他の動画配信サービスにも引けをとらないくらい良質なサービスです。

そんな超便利なアマゾンプライムを、今までは年間の支払いしか出来なかったのが月額400円で利用できるということで話題になっています

ですが私は声を大にして言いたいです!!

Amazonプライムの月額400円プランに入ることはオススメしません!!

 

月額プランと年会費プランの違い

f:id:s1621235:20170909115923p:plain

まず月額プランをおすすめしない理由をお話する前に、月額プランと年会費プランに違いがあるのかをお話します。

結論から言うとAmazonプライムの月額プラン年会費プランでは値段以外に一切の違いはありません

私自身が違いがあるのか気になってAmazonに問い合わせたのでこの情報に間違いないです

f:id:s1621235:20170909112057p:plain

ちなみにアマゾンプライムに入ると以下の特典があります

Amazonプライム詳細

  •  特別取扱商品の取扱手数料350円(税込)が無料
  •  お急ぎ便360円(税込)が無料
  •  当日お急ぎ便514円(税込)が無料
  •  お届け日時指定便360円または514円(税込)が無料
  •  Amazonパントリー
  •  Kindleオーナー ライブラリー(ご利用にはKindle端末またはFireタブレットが必要)
  •  プライム・ビデオ
  •  Prime Music
  •  プライム・フォト

それぞれのサービスに付いて簡単に説明してきます

特別取扱商品の取扱手数料が無料

特別取扱商品とは、サイズの大きな商品や重量の重い商品など配送時に特別な取り扱いを要する商品のことです。

手数料が無料になるのは嬉しいですが、普通の人は頻繁にサイズの大きいものや特別重いものを頼まないと思うのでこの特典は恩恵は少なめです

お急ぎ便、当日お急ぎ便が無料

お急ぎ便とは、その名の通り注文した商品をいち早く届けてくれるサービスです

私はそんなに使わないですが、早く商品が欲しい人にはこのサービスが無料になるのはうれしいですね

特に当日お急ぎ便は宅配便泣かせのサービスですが、重宝する人も多いハズ

お届け日時指定便が無料

f:id:s1621235:20170909153021p:plain

Amazonでは注文した商品を配達日時を指定するのには360円または514円を別途で払う必要があります 

ですがAmazonプライムに入会していれば、配達日時の指定が無料になります!!

個人的にこれは一番嬉しいサービスであり、この特典だけで余裕に年会費分の元を取っています

一人暮らしだったり共働きで商品を受け取ることができる時間が限られている人にはめちゃくちゃ嬉しいサービスですね

年会費プランだと月に1回以上使うだけでもとが取れるので、お届け日時指定をよくつかう人は絶対にAmazonプライム会員になることをオススメします

Amazonパントリーを利用可能

f:id:s1621235:20170909114048p:plain

食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点から買うことができるサービスです。

飲み物、ティッシュ、カップ麺、お菓子、洗剤などの消耗品をまとめ買いできるのが特徴です

私自身は使ったことないですが、買い物に行く手間が省けるので買い物がめんどくさい人にはおすすめです

 Kindleオーナー ライブラリーで毎月本が一冊無料

f:id:s1621235:20170909114138p:plain

これはKindle端末またはFireタブレットを持っている人限定の特典なのですが、Amazonプライム会員なら対象タイトルの中から好きな本を1か月に1冊、無料で読むことができます

読める本は嫌われる勇気、夢をかなえるゾウ、7つの習慣など有名な自己啓発本もあるのでKindle端末かFireタブレットを持っている人には超お得です

個人的には夢をかなえるゾウが自己啓発本の中でもかなり好きなので、もし Kindleオーナー ライブラリーを使う時は読んでみて欲しいです

 プライムビデオで映画・アニメ・ドラマなどが見放題

f:id:s1621235:20170909114247p:plain

Amazonプライム会員であれば、追加料金なしで、プライム・ビデオで25000本以上の作品を楽しむことが出来ます

正直これだけでも年会費、月額費の元は取れるくらいのサービスです

ラインナップも充実しておりプライムビデオオリジナルの『HITOSHI MATSUMOT presents ドキュメンタル』、『仮面ライダーアマゾンズ』はここでしか見ることが出来ません

また大人気映画だったり有名アニメもたくさんあるので、ラインナップが気になる人は公式HPで見てみてください

2017年9月現在では機動戦士ガンダムORIGINだったりトランスフォーマーだったり、ドラえもんやクレヨンしんちゃんの映画だったりと本当にラインナップが豪華です

Prime Musicで100万曲以上の楽曲が聴き放題

f:id:s1621235:20170909154142p:plain

Amazonプライム会員なら100万曲以上の楽曲や数百のプレイリスト、そしてプライムラジオが聴き放題です。

特に便利なのがプレイリストという形で『2017上半期ランキングtop100』とか『晴れた朝に聞きたい洋楽』とかが用意されているので作業用BGMとして聞き流す時に重宝します

ストリーミングだけじゃなく端末に落として聞くことも出来るのも嬉しいところです

容量無制限の プライム・フォト

f:id:s1621235:20170909154644p:plain

Amazonのプライム・フォトでは、スマートフォンやコンピューターなどのデバイスからすべての写真とビデオをバックアップ、整理、共有できます。

写真においては無制限にアップロードすることができ、それ以外のファイルでは5GBバイトまで保存しておくことが出来ます

一眼レフなどの画質が良くて容量が重くなりがちの写真を撮る人に取ってはかなり嬉しい特典です

月額プランに入ることは非推奨!?

冒頭文でお話しましたが、私はAmazonプライムの月額プランに入ることを推奨していません

Amazonプライム自体のサービスは素晴らしいのですが、年会費プランじゃなくて月額プランにあえて入る理由は少ないのかなと思います

なのでここからは何故Amazonプライムの月額プランに入らない方が良いのかを説明していきます

理由①:単純に年間で入るより高い

f:id:s1621235:20170909160955p:plain

一番の理由は月額プランが年会費プランで入るより高いからです

だって年間サービスなら年間3900円なのに、月額プランだと400円×12ヶ月で年間4800円900円も高くなるんですよ?

これはAmazonによる3900円と言われると入りにくいけど、月額400円と言ってと安く感じさせて入らせる作戦です!

「1日コーヒー1杯我慢すれば~」とかよくある騙しの手口と一緒です

冷静に考えると月額プランの方が高いことに気が付きましょう

理由②:月額400円プランはお試し用じゃない

このプランが発表されてから「月額400円ならお試しに一回使ってみようかな」というコメントを良く見ます

ですがそもそも年会費のアマゾンプライムにも月額のアマゾンプライムでも入会前に1ヶ月お試し期間として無料で利用できます

なのであえてこの月額プランでお試しに使う必要はなく、一ヶ月は無料でご利用できますよ!

理由③入りたいときだけ入ろうは危険!!

f:id:s1621235:20170909162600p:plain

月額プランが年会費のプランに比べて唯一メリットがあるとすればセールがある時など特定の時期だけ入ることができることでしょう

 

確かにこう見ると月額プランに入るのも有りかなと思います

しかしここでも一度冷静に考えてほしいです

そもそもセールの時に買うくらいAmazonをよく使う人の多くは、年間で見たらAmazonプライムに入った方がオトクなのではないでしょうか?

あとあなたはいちいち使い時だけに入会したり解約したりするほどマメな人間ですか??

最近は月額制のサービスが多く、多くの人はそのようなサービスを利用したことがあると思います

ですが使わなくなっても解約するのがめんどくさくて先延ばしにしたり、解約するのを忘れて何ヶ月か料金を払っていたことはありませんか?

あるアンケート調査によると世の中の20%以上の人が解約するのがめんどくさくて月額サービスを続けているそうです。

特にAmazonプライムなんかは月額プランに入っても「来月も使うかもしれないし解約しなくていいか」と思いやすいでしょう

なので私は月額プランに入るくらいなら年会プランに入るか、いっそのことAmazonプライムを利用しないほうが結果的に安くすむと思います

もちろん使いたいときだけに入会、解約をマメにデキる人や、本当にAmazonでの注文を年に1,2回しかしない人は月額プランに入るのもい良いと思いますが

理由④:学生は120%入るな

f:id:s1621235:20170909163220p:plain

学生は120%月額プランには入るべきではありません

なぜなら学生なら「prime Student」という年会費1900円(月額159円)でアマゾンプライムを利用することが出来る学生用Amazonプライムが存在するからです。

Amazon studentはKindleの割引や、タブレットのポイント還元とかはありませんが、Amazonビデオなど他の特典は変わらず利用できます

なんなら本が10%オフだったり文房具が20%オフだったりで、普通のAmazonプライムよりお得になっています

さらに無料体験も半年間だったりで超絶お得です

実質月額159円なのにわざわざ月額400円プランに入る理由は無いですし、無料お試しも半年も使えるので月額プランに入る理由はかなり少ないです

なのでとりあえず学生でAmazonプライムを体験してみたい人は6ヶ月無料で使えるので無料登録で試ししてみてはいかがでしょうか?

まとめ

まとめ

  • Amazonプライム自体は配達日時指定無料、映画・アニメ・ドラマ見放題、100万曲以上の音楽聴き放題など超便利
  • でも月額プランに入るメリットは少なめ
  • 学生は月額プランに入るよりprime Studentに入るほうが120%お得
  • 月額プランをお試しとして試す必要はなく、そもそも1ヶ月無料で試せる(学生は半年)

もちろん上手く使えば月額プランの方がお得になることもあります

なので自分の利用頻度や、必要な時に入会と退会をいちいちできるほどマメなのかなど考えて1番お得になるように使うことを強くおすすめします!!

私は月額プランを否定してるわけでなく、思考停止して安く見えるから月額プランに入るというのはやめましょうということです!

あと実際に使っている身としては、Amazonプライムは超オトクなサービスなのは間違いないです

どうせ使うなら賢くお得に使いましょーー

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です