優しい王国の過ごし方

優しい王国の過ごし方

好きなことを好きなだけ書いていくブログです

【6/15更新】2017プロ野球オールスターファン投票中間発表と現時点での選手成績まとめ

「オールスター2017 プロ野球」の画像検索結果

今年もプロ野球は面白いですね!

特に今年はシーズンだけでなくWBCや清宮くんフィーバーとかで例年以上に野球が盛り上がっている気がして、野球ファンとしては嬉しい限りです

そしてプロ野球ファンは毎年楽しみにしているプロ野球のお祭りであるオールスターの季節が近づいてきました!

今年は7/14(金)と7/15(土)の2日間の開催で、それぞれナゴヤドームZOZOマリンスタジアムで行われます

そして5/22にお待ちかねの第一回ファン投票中間発表が発表されました!

まだ一回目なので順位はこの先変わってくるとは思いますが、とりあえず現段階(5/22現在)の成績と同時に結果を見ていきたいと思います

みんな大注目の大谷選手は怪我で今年はほとんど試合に出場していないのですが、果たして順位はどうなのでしょうか?

セリーグ

先発投手部門

順位 選手名 球団 累計票数
先発投手
1 菅野 智之 G 169,151
2 R.バルデス D 111,980
3 R.メッセンジャー T 97,303
4 野村 祐輔 C 59,563
5 藤浪 晋太郎 T 44,466
6 小川 泰弘 S 32,362
7 能見 篤史 T 31,321
8 今永 昇太 DB 30,757
9 吉見一起 D 30,562
10 秋山 拓巳 T 24,404
  1. 菅野智之:11登板7勝2敗 防御理2.50
  2. R.バルデス:12登板2勝4敗 防御率2.44
  3. R.メッセンジャー11登板 7勝2敗 防御率2.55

勝利数はメッセンジャー選手に並んで1位完封も早くも3つもしているということで文句なしの1位だといえます先発投手部門ではWBCで日本のエースとして活躍した巨人の菅野投手が位になりました

2位のバルデス投手は勝ち星に恵まれていないですが防御率もはかなり良く、また本拠地開催ということで順位を上げてきています

また3位のメッセンジャー投手も勝利数1位、奪三振数1位と非常にいい成績を残しています

あとは阪神タイガースの投手4人もトップ10入りしているのも驚くべきことですねー

そりゃ4人も選ばれるくらいなら1位になるわって思います

最後まで菅野投手が逃げ切るのか今後の順位変動を楽しみにしています

中継ぎ投手部門

中継投手
1 M.マテオ T 146,261
2 S.マシソン G 132,381
3 J.ジャクソン C 130,399
4 岩瀬 仁紀 D 122,428
5 三上朋也 DB 53,443


この投票数なら1日で簡単にひっくり返りますし、3位とも約1万票なのでまだまだどうなるか分かりませんねー中継ぎ投手部門は1,2位がわずか35票差と大接戦となっています

現段階ではマテオ選手がホールド、HP共にセリーグ1位となっています

抑え投手部門

f:id:s1621235:20170523082832p:plain

抑え部門は昨季から阪神タイガースに加入したドリス投手です

セーブ数は2位のカミネロ投手、田島投手と6つもの差をつけているので、この順位も納得のことでしょう

というか阪神タイガースは先発トップ10入りが4人に加えて、中継ぎ、抑え投手でも1位に選ばれているってすごいですね!!

ですが一時不調だった山崎投手も最近は調子を上げてきていますし、まだまだ順位は変動しそうですね!

捕手部門

f:id:s1621235:20170523083249p:plain

捕手部門も第一位は阪神タイガースの選手で、梅野選手です

打率を見るとあれですけど、何よりセリーグ1位のチームの捕手ですし盗塁阻止率もセリーグ1位なので妥当とも言えるでしょう

ですがWBCの効果もあってか2位の小林選手との投票数には大きな差はないのでまだまだ順位は動くことが予想されます

一塁手部門

f:id:s1621235:20170523083907p:plain

セリーグ一塁手部門は新井選手が堂々の一位となりました

打撃成績だけで見ると2位の阿部選手や5位のビシエド選手のほうが上ですが、何より去年のセリーグ優勝の立役者でありセリーグMVPなので人気はNO.1といえるでしょう

成績だけで順位が決まらないのがファン投票の面白いところですね!

二塁手部門

f:id:s1621235:20170523084207p:plain

セリーグ二塁手部門の2位は菊池選手となりました

セリーグは菊池選手、山田選手のどちらかが選べれる可能性が高いように感じていましたが、やはり1位2位はこの二人なんですねー

ですがふたりともWBCの疲れからか去年ほどの活躍ができていないのが現状です

成績的には阪神の上本選手のほうが上回っているように感じます

今後の順位変動を楽しみにしています

三塁手部門

f:id:s1621235:20170523084616p:plain

セリーグ三塁手部門では阪神タイガースの鳥谷選手が2位に大差をつけて1位となっています

鳥谷選手は今年から三塁手にコンバートして、開幕前は不安視される声も大きかったですが守備の負担が減ったことからか打撃成績も昨年よりかなり上がっています

成績的にマギー選手や安倍選手が上回っているの中、これだけ差がついているのは凄いですね!

遊撃手部門

f:id:s1621235:20170523085156p:plain

セリーグ遊撃手部門は坂本勇人選手が2位に圧倒的な差をつけて1位となりました

開幕直後と比べると若干成績が下がってきていますが、それでもかなりの好成績です

正直よっぽどのことがない限り坂本選手の順位は落ちないのではないかなと個人的には思っています

まあ3位の田中選手も遊撃手としては破格の成績なんですけどね

外野手部門

f:id:s1621235:20170523085642p:plain

外野手部門はファン投票では上位3人の選手が選ばれます

糸井選手、鈴木誠也選手、筒香選手が頭一つ分抜けて4位以降を引き離しています

上位3位内での入れ替えはありそうですが、4位以降との入れ替えはなかなか難しそうですねー

ですが成績的には大島選手、丸選手など上位三人より上の選手も多いので今後の順変動に期待です!

ここでも阪神タイガースの選手が1位なのがすごいですねー

セリーグまとめ

セリーグの現段階では1位を阪神タイガースからは5人もの選手が1位を独占しています

例年1位のチームは多めに選手が入りますが、それでも今年はかなり多いですねー

まぁまだまだ第一回の中間発表ですし、順位は大幅に動くと予想されます

逆にヤクルトと中日は今のところ1位には1人も選ばれていないので、少なくとも1人くらいは選ばれるといいですね

特に中日は本拠地開催なので是非選ばれてほしいものです!

パ・リーグ

f:id:s1621235:20170523100226p:plain

先発部門

f:id:s1621235:20170523100316p:plain

パ・リーグの先発部門は全体的に混戦で、最終的に誰が一位になるかわかりませんね

現段階ではWBCのベストナインにも選ばれた千賀投手が頭一つ分抜けている感じです

ですが金子投手、菊池投手、則本投手など次の登板結果次第でも順位が入れ替わる可能性があると思います

西武ファンとしてはトップ10に菊池投手、岸投手、涌井投手の歴代エースが並んでいるのは嬉しいです

まぁそれだけ放出してるってことなので複雑な気持ちもありますが・・・

中継ぎ投手部門

中継投手
1 M.マテオ T 146,261
2 S.マシソン G 132,381
3 J.ジャクソン C 130,399
4 岩瀬 仁紀 D 122,428
5 三上朋也 DB 53,443

f:id:s1621235:20170523100645p:plain

中継ぎ投手部門は牧田投手が2位に3倍近い差をつけて1位となっています

ここまでわずか1失点ということで成績も文句なしですし、WBCで他球団の方もファンになってくれたのではないかと思います

4位の福山投手はここまで無失点ですし、個人的にはもっと評価されてもいいんじゃないかと思います

抑え投手部門

f:id:s1621235:20170523100934p:plain

抑え投手部門は松井投手が1位となっています

防御率0.39と化物みたいな成績を残していますし、WBCのでの活躍やチームが首位ということでこの順位は文句なしでしょう

サファテ投手もかなりの活躍で例年なら1位にいても全然おかしくない成績なんですけどねー

なのでこれからの成績次第では順位が入れ替わる可能性もあるのではないかと思います

捕手部門

f:id:s1621235:20170523101240p:plain

捕手部門は嶋選手が2位に倍近い得票差で1位になっています

西武ファンとしては炭谷選手がこれから得票数上げてくれることを期待しています

今年はすでに本塁打も2本打ってますし、打率も悪くないですし盗塁阻止率も4割と選ばれても全然おかしくないのかなと期待しています

一塁手部門

f:id:s1621235:20170523101554p:plain

一塁手部門の1位は中田選手となっています

シーズン最初は不振が続きましたが、最近は復調しさらにWBCのでの活躍もあったので1位なのではないかと思います

ですが2位の内川選手はかなりの好成績ですし、WBCでも代打の切り札として活躍していたので最終的に逆転する可能性は大いにあります

二塁手部門

f:id:s1621235:20170523101827p:plain

二塁手部門2位に3倍近い差をつけて浅村選手が1位となっています

今年はキャプテンになってチームプレイが多くなったことや、好成績、堅実な守備、チャンスに強いなど選ばれて当然な活躍をしています

二塁手部門で注目すべきなのは川崎選手が3位にいるということでしょう

今シーズンの途中加入であり打席にはあまり立っていないのに、3位に入るということはそれほど人気があるということでしょう

確かに多くのプロ野球ファンがオールスターで是非見てみたい選手と思っているので、何かしらの形で選ばれるかもしれませんね!

www.kindness-kingdom.com

三塁手部門

f:id:s1621235:20170523102223p:plain

三塁手部門は松田選手とレアード選手が大接戦となっています

成績ではわずかにレアード選手が上かなと思いますが、松田選手のWBCのでの活躍やキャラなどを考えるとどちらが選ばれてもおかしくないでしょう

また交流戦にめっぽう強い3位の中村選手はこれからの交流戦の活躍次第では1位に躍り出る可能性もあります

これからどう順位が動くのか大注目です

遊撃手部門

f:id:s1621235:20170523102630p:plain

遊撃手部門では茂木選手が一位となっています

圧倒的な成績で、楽天首位の立役者とも言えるので納得の順位でしょう

個人的にはルーキーながら遊撃手でフルイニング出場かつ3割打ってかつパ・リーグ盗塁数1位の源田選手を押したいところですが、茂木選手の活躍を見ると厳しいかもしれませんね

外野手部門

f:id:s1621235:20170523102852p:plain

外車種部門は上位三人を秋山選手、柳田選手、近藤選手がしめています

ですがパ・リーグの外野手部門は1,2位は頭一つ抜けていますが、3位から7位までわずか6000票差なので順位は毎日入れ替わると思います

近藤選手打率4割とかなり打っているのですが、DH部門と票が割れているため成績よりは低めの投票数となっているのではないかと考えられます

DH部門

f:id:s1621235:20170523103152p:plain

DH部門はなんと怪我でわずか8試合しか出場していない大谷選手が選ばれました

確かにDH部門にこれという選手がいないため、大谷選手が選ばれる理由はわかりますが改めて大谷選手の人気には驚かされますねー

まぁ2位のデスパイネ選手との差も僅かですし、なにより選ばれても出場できるかどうかわからないのですが、今後の順位に注目ですね

パ・リーグまとめ

パ・リーグは川崎選手、大谷選手など成績だけを見るとびっくりするような選手が入っていますね

あとは外野手が大混戦なので今後の活躍次第では大幅に順位が入れ替わると思うのでそこにも注目です

また改めて成績をまとめてみると、想像以上に活躍している選手が多く感じました

今後のパ・リーグのシーズンも楽しみです

<