優しい王国の過ごし方

優しい王国の過ごし方

好きなことを好きなだけ書いていくブログです

【西武ライオンズ 2017】本田圭佑選手の現在までの活躍は?【ファームでの成績やこれまでの成績など】

2017年のシーズンも開幕しましたね!

今年は打撃陣は好調で、特に上位打順に至っては12球団No.1とも言えるくらい活躍しています

また中継ぎ陣もシュリッター投手、牧田投手、武隈投手らの活躍により、ここ数年では一番いいんじゃないかと思います

ですが、やはり岸投手が抜けた穴を埋められず、先発陣は苦しんでいる印象があります

特に裏ローテが勝てず、ここをどうにかしないと優勝は厳しいでしょう・・・

ですが私はその裏ローテ(特に6人目)は、あの本田圭佑投手が埋めてくれるのではないかと期待しています!!

そこで今回はオフシーズンからの活躍が著しく、シーズン途中に新たに裏ローテに加わる可能性のある本田圭佑投手についてご紹介いたします!!

本田圭佑選手のプロ入り前は?

宮城県仙台市太白区出身(泉区生まれ)。仙台市立柳生小学校3年生の時に西中田ゴールデンアクロスで野球を始めると、仙台市立柳生中学校では軟式野球部で遊撃を守った。
東北学院高等学校への入学後に投手へ転向。2年生の春からエースになったが、春夏ともに甲子園球場での全国大会へ出場していない。
東北学院大学への進学後は、2年生の春から仙台六大学野球のリーグ戦に出場。3年生の時には、春季リーグ戦で防御率1位(1.56)を記録すると、秋季リーグ戦で4勝を挙げて敢闘賞を受賞した。4年生の秋季リーグ戦では、6回参考記録ながらノーヒットノーランを達成した。在学中には、リーグ戦通算で28試合に登板。184回2/3を投げて、15勝7敗、防御率1.90という成績を残した。

引用:本田圭佑 (野球) - Wikipedia

本田圭佑選手はプロ入り前は岸投手や、西武の現二軍育成コーチを務める星孝典保守が所属していた東北学院大学でエースとして活躍をしていました

そして2015年のドラフトにおいて6巡目で指名され、西武ライオンズに入団しました

ドラフト当時からあのサッカー選手の本田圭佑選手と同姓同名のことから話題となり、大きな注目を浴びました

この同姓同名についてなのですが、実は本人は昔は名前が先行して注目されるのが嫌だったそうですが、今は逆に名前をすぐに覚えてくれるから良かったと語っています

1年目(2016年)はどうだった?

プロ一年目である2016年はシーズンの大半をファームで過ごすこととなりました

以下の成績がファームでの成績です

f:id:s1621235:20170517200233p:plain

そして9月9日には初の一軍昇格し、11日の福岡ソフトバンクホークス戦において、4点ビハインドの7回裏に4番手でプロ初登板し、2回を投げ被安打1、奪三振1、与死球1、無失点とビハインドながら好投をしました

そしてその登板が評価され、18日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では初めて先発を任されることとなりました

しかしプロの洗礼を浴び結果は2回2/3を投げ4失点で敗戦投手となってしまいました

そして2016年のプロ一年目のシーズンはこの2試合の登板で幕を閉じます

f:id:s1621235:20170517200844p:plain

オフシーズンには第1回WBSC U-23ワールドカップの日本代表に選出され、ニカラグア戦で7回無失点、韓国戦では8回1失点、さらに決勝では6回から登板し2回を5奪三振でパーフェクトに抑え日本の優勝に大きく貢献しました!!

さらに11月からオーストラリアでウインターリーグに参加し、オフシーズンで大きな成長を遂げたのは間違いないでしょう!

初登板や初先発、またオフシーズンにも大きな経験が出来た本田選手には我々ファンだけでなくチームの首脳陣も大きな期待を寄せています

その証拠に一時は背番号をサッカー日本代表本田と同じ「4」へ変更するプランを検討するプランまで出たほどです(結果的には45のまま変わりませんでしたが・・)

2017年の現状は?

f:id:s1621235:20170608214005p:plain

2017年はオフシーズンの活躍も有り、辻監督もローテション候補の一人として注目していました

しかし結果はローテション入りも開幕一軍も果たせませんでした

オープン戦は1試合に投げ2回4安打1四球2失点と活躍することができなかったのも原因かもしれません

しかし西武の現状からしてローテが足りていないのは明らかですし、シーズンのいずれかでチャンスが回ってくる可能性はあります

ちなみにファームの現在までの成績は以下のとおりです(2017/5/16現在)

f:id:s1621235:20170517202924p:plain

現在まではまずまずの成績を残しており、このままいけばいずれ一軍に上がる可能性は大いにあるという成績です

まだまだシーズンは始まったばかりです!

現在の西武ライオンズの弱点とも言える先発の穴を埋めていくれることをファン一同期待しているの、本田選手頑張ってくれーーーーー