優しい王国の過ごし方

優しい王国の過ごし方

好きなことを好きなだけ書いていくブログです

【まだ通勤で消耗しているの?】話題の『座れる通勤電車』まとめ【路線や値段など】

 満員電車のイラスト(会社員)

都市部に住んでいて電車を利用しているサラリーマンや学生は毎日満員電車に揺られながら通勤・通学しているというケースは少なくないでしょう

みんなが同じような時間に通勤・通学しているのでその時間帯が混んでいるのは仕方ないのでしょうが、会社や学校に行くまでに毎日ヘトヘトになりながら電車乗るなんてイヤですよねー

そんな思いするくらいならお金を払ってでも快適に通勤したいという人も少なくないと思います

というより実際少なくなかったみたいで、最近各鉄道会社が『座れる通勤電車』に力を入れてきました

来年の2018年春にも京王電鉄が一部の路線で座れる通勤快速を導入すると発表もありました

そこで今回は注目となっている『座れる通勤快速』についてまとめたいと思います

座れる通勤電車って何?

座れる通勤電車とは名前の通り『座席指定で確実に座ることができる通勤電車』のことです

今までも座席指定の電車は普通にありましたし、何なら座れる通勤電車に近いものは存在していました

しかし今までは路線も限られていましたし、何より値段が高いのでお金に余裕のある人がお金で快適さを買うという感じでした

ですが最近の座れる通勤電車では運賃に数百円プラスすれば使えるということで、より一般庶民でも使いやすくなったことが大きく話題となっているようです

確かに数百円であの満員電車の苦痛から逃れて、座りながら本を呼んだりできるなら利用したい人も多いですよね

どの路線で導入しているの?

ここまで読んできて興味が湧いてきた人が1番気になるのは、どの路線で座れる通勤列車が使えるのということですよね

そこでどの路線のどの時間帯で使えるのか調べてみました

もし自分が普段利用している路線で利用できるなら一度お試しに使ってみることをオススメしますよ!

小田急ロマンスカー

小田急ロマンスカーは東京・新宿から片瀬江ノ島までを結ぶ座れる通勤電車の先駆けとも言われており、かなり多くの人が通勤・通学に使っています

どこの駅から利用できるの?

朝の通勤時間帯の上りは片瀬江ノ島、藤沢、小田原、本厚木、相模大野、町田などの各駅を始発とした電車が新宿を終点として運行しており、帰宅ラッシュの時間帯では下りは新宿を始発として江ノ島・小田原方面への列車が運行しています

さらに東京メトロに直接乗り入れできる『MSE(60000系』』を使って本厚木から表参道、霞が関、大手町、北千住を結ぶ列車が朝の時間帯に運行しているのですが、こちらは平日朝は本厚木6時28分発で北千住7時47分着の一本しか運行していないため、少し使いにくいという点もある

ですが2018年8月から通勤時間帯における特急ロマンスカーが増発される予定なので、2018年からは座れる通勤電車として需要が高まってくるのではないかと予想されます

【朝方通勤特急ロマンスカーの増発について】

2018年3月のダイヤ改正(予定)での朝方通勤特急ロマンスカー増発により、「快適で便利な特急ロマンスカーでの通勤サービス」を提供してまいります。
現在、7本/日を運行していますが、上記ダイヤ改正より、さらに4本増発し、11本/日となります。11本中7本は、7~8時台に新宿・大手町に到着いたします。

参考:朝方通勤特急ロマンスカー 愛称募集!|小田急電鉄

 値段は?

きっぷ運賃の他に特急料金がかかります

小田急ロマンスカーでは距離によって特急料金も変わります。(本厚木ー北千住780円、新宿ー片瀬江ノ島620円、新宿ー小田原890円等)

詳しくは小田急電鉄のホームページをご確認ください

 京急『モーニング・ウィング号』

京急電鉄のモーニング・ウィング号は三浦海岸駅から品川、泉岳寺まで繋ぎ平日の朝1日2本運行しています。

 どこの駅から利用できるの?

モーニング・ウィング号は朝の通勤時間帯に三浦海岸駅・横須賀中央駅・金沢文庫駅・上大岡駅を乗車駅とし、品川駅・泉岳寺駅までノンストップで運行する電車です。

f:id:s1621235:20170513101511p:plain

値段は?

モーニング・ウィング号を利用するためには乗車券の他に、特急券が必要です。

その特急券は当日のみ利用できるWing Ticket(300円)利用月の1日から月末まで使えるWing Pass(5500円)があります。

通勤に毎日利用したい人はWingPass、ゆっくり座りたいときだけ利用したい人はWing Ticketをご購入することをおすすめします

西武『S-TRAIN』

 S-TRAINは2017年3月25日から運行を始めたばかりの座席指定列車です

座席は、2人がけの「クロスシート」と3人がけの「ロングシート」があります

S-TRAINは車内設備が充実しているのも特徴です

長距離でも安心できるようにトイレがついているのはもちろんのこと、電源コンセントが2席に1ついていたりFREE WiFiが飛んでいたりと通勤時にパソコンやタブレットなどを使った作業をするのに最適です

どこの駅から利用できるの?

S-TRAINは所沢、保谷、石神井公園から乗車でき、飯田橋、有楽町、豊洲の各駅で降車することが出来ます

ちなみに平日は所沢からと豊洲を繋ぐ座れる通勤列車として利用できますが、土日は西武秩父から池袋、新宿、渋谷から元町・中華街まで行くことも出来ます

通勤に利用できるような時間帯は1日に1本しか無く、6︰24所沢発、7:24豊洲着とやや早いのが欠点かもしれません

f:id:s1621235:20170514223837p:plain

ですが需要が増えればこのさき更に本数が増えるのではないかと予想されます

値段は?

S-TRAINも他の座れる通勤電車と同じく、乗車券の他に指定料金が必要です

平日の所沢から豊洲までの料金は一律510円で、土日の西武秩父から元町・中華街までは距離によって値段が変動します(西武秩父から元町・中華街は1060円)

京成『モーニングライナー』

京成電鉄は成田空港方面と京成上野駅を結ぶ『モーニングライナー』と『イブニングライナー』を運行しています

このモーニングライナー、イブニングライナーはスカイライナーと同じ車両を利用しているので車内がめちゃくちゃキレイなのが特徴です

こんな車両で通勤したいと思えるような車内なので、毎日満員電車に乗っている人に大きな優越感を得ることが出来ますよ!!

どこの駅から利用できるの?

5:33と6:04に成田駅から出発するものと7:50と8:33分に成田空港から出発するものがありどちらも佐倉、八千代台、船橋、青砥、日暮里の各駅に停車します

所要時間は成田から日暮里まで約一時間です

f:id:s1621235:20170514225722p:plain

値段は?

値段は運賃の他に特急料金が410円かかります

410円で超絶きれいな列車で通勤できると考えると値段はかなり良心的だと思います

まとめ

いかがでしたか?

私としては思ってた以上に特急券だったり座席指定券が高くないなという印象を受けました

まぁまだまぁ利用できる路線は少ないですが、もし自分が使える路線があれば一度使っても手はいかがでしょうか?

お金で快適さを買うというのありですよねー

その時間でパソコンを使った作業ができたり、読書ができたりと考えると有意義に使えますし!

何か他に新情報が出れば追加していきたいと思います

それでは!!