優しい王国の過ごし方

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しい王国の過ごし方

好きなことを好きなだけ書いていくブログです

【ドラゴンクエストⅪ】発売日やシステムなど気になることのまとめ【ふっかつのじゅもんもある!?】

f:id:s1621235:20170505075404p:plain

2017年、ついにドラゴンクエストシリーズの最新作であるドラゴンクエストⅪが発売となります

今回のドラクエはロトシリーズに関係する物語ということで、古くからのドラクエファンから非常に注目を集めています

僕もドラゴンクエストは全てのナンバリングはもちろんのことモンスターズシリーズやトルネコの冒険などもプレイするほど好きで、今回のドラクエは非常に楽しみにしています

また今回はPS4版と3DSの両方の機種で発売され、各機種での特徴を活かした遊び方ができるようになっており、特に3DSでは設定によってはSFC時代を思い出すようなドット絵でのプレイができるということでも話題です

というわけで今回はそんな大注目のドラゴンクエストⅪの情報についてまとめていきます

  

発売日や値段は?

f:id:s1621235:20170505150750p:plain

ドラゴンクエストⅪは2017年7月29日に発売されることが決定しました

値段はPS4版は8980円+税、3DS版は5980円+税となっています(パッケージ版、ダウンロード版ともに)

早期購入特典

f:id:s1621235:20170505151554p:plain

早期購入特典としてパッケージ版の初回生産版、または2017年8月28日までにダウンロード版を購入すると戦闘後に経験値が増える「しあわせのベスト」戦闘後に入手するゴールドが増える「なりきんベスト」を入手することが出来ます

これらのアイテムは攻略の大きな手助けとなるので、欲しい人は是非早めに購入してゲットしてみてください

ドラクエⅪの注目すべき点は?

「ドラゴンクエスト」の画像検索結果

上でもちょろっと話しましたが今回のドラクエの1番の注目ポイントは「ロトシリーズ」に関係しているということです

ドラゴンクエストは現在ドラゴンクエストⅩまで発売されていますが、その中でもⅠ~Ⅲまでがロトシリーズ、Ⅳ~Ⅵまでが天空シリーズ、そしてⅦ以降はそれぞれ独立したストーリーとなっています

特にロトシリーズ、天空シリーズはドラクエファンには非常に人気で、発売から20年以上経っている今でも根強いファンがたくさんいます

そして今回はそのロトシリーズに関係するタイトルが今年2017年に発売するということになったということで超絶話題になっています

ドラゴンクエストⅢが最初にファミコンで発売されてから29年も経っているので、あの頃リアルタイムでプレイしていた人はもう30~50歳くらいってことなんですねー

そう考えるとドラクエがいかに長く愛されているかわかりますね

ちなみにそのロトシリーズであるドラゴンクエストⅠ、ドラゴンクエストⅡ、ドラゴンクエストⅢはアプリや昔のゲームで楽しむことが出来るので、もしまだプレイしていない人はプレイしておくとドラクエⅪがより一層 楽しめるようになります

3DS版とPS4版の違いは?

f:id:s1621235:20170505155758p:plain

今回のドラゴンクエストⅪは3DSPS4の2つの機種で発売となります

そして3DS版とPS4版ではいくつか異なる点が有り、それらの違いはそれぞれの機種の特性を活かしたものとなっているので自分にあった機種でプレイすることをオススメします

もちろんストーリーや基本となるシステムは変わりません

3DS版の特徴

f:id:s1621235:20170505155950p:plain

3DS版ではいきいきと動くモンスターとの戦闘を楽しめる3Dモードと、懐かしのドット絵で楽しめる2Dモードの2つのモードで楽しむことが出来ます

序盤は上画面に3Dモード、下画面に2Dモードが移りますがそれ以降は教会に行ってどちらかのモードを選択していく仕組みのようです

また詳細は発表されてませんが3DS版には「すれちがい通信」の機能も搭載されるそうです

こちらは続報が来たらまた更新します

3Dモード

f:id:s1621235:20170505160109p:plain

3DモードはドラクエⅨやリメイク版のドラクエⅦと同じようなシステムで、フィールド上にモンスターがおり接触したら戦闘となる「シンボルエンカウント」となっています

シンボルエンカウントではフィールドにいるモンスターに気が付かれたら襲いかかってきたり、逆にはぐれメタルのような経験値をたくさんくれるレアモンスターは逃げたりします

なのでパーティーのHPが低くピンチの時は上手く隠れながら行けば戦闘を避けることもできますし、逆にレアなモンスターを見つけたらバレないように近づき戦闘することも出来るのが大きな特徴です

またイベント中や戦闘中などではPS4ほどグラフィクはきれいではないですが、それぞれのキャラの外見や表情などを見ることが出来るのも2Dモードには無い大きな特徴となります

2Dモード

f:id:s1621235:20170505160205p:plain

2DモードはFCやSFC時代のドラクエを思い出すような懐かしいドット絵で楽しむことが出来ます

もちろん戦闘中もドット絵ですし、戦闘の始まり方もフィールドを歩いているといきなり戦闘が始まる昔ながらのランダムエンカウントを導入しています

イベントもドット絵で行われるので、本当に昔のままのドラクエを楽しめる感じです

やはりロトシリーズはドット絵時代からドラクエを支えてきたファンが多いので、このモードは非常に嬉しいですね

PS4版の特徴

f:id:s1621235:20170505162348p:plain

PS4版は圧倒的なグラフィクを活かしてキャラと視点を自由に移動できるドラクエⅩでお馴染みの「フリー移動バトル」と臨場感溢れる戦闘の「オートカメラバトル」の二種類の戦闘バトルが楽しめます

f:id:s1621235:20170505162452p:plain

フリー移動バトルはドラクエⅩ、オートカメラバトルはPS2版のドラクエⅧを想像してもらえればわかりやすいかと思います

もちろんどちらのモードでもコマンドを選んで戦闘するいつもどおりのドラクエの戦闘スタイルで、さらにモンスターや主人公側の一つ一つの動きが非常に臨場感が有るので非常に迫力のあるバトルを楽しむことが出来ます

イベントなんかも本当に映画みたいで、このきれいなグラフィクで楽しめるというのは3DS版にはないPS4版ならではの大きな特徴ですねー

懐かしのシステム「ふっかつのじゅもん」が復活する!?

「復活の呪文」の画像検索結果

なんと今回ドラクエⅪでは昔からのドラクエファンには超懐かしい「ふっかつのじゅもん」が復活しました

復活の呪文とは?

セーブ機能がなかった『ドラゴンクエストⅠ』、『ドラゴンクエストⅡ』で採用された方式。セーブ機能はカセット容量の都合上実装できなかった。特定の文字の羅列を入力することで、今まで進めてきた所から再開できる。復活の呪文自体は王様、教会の神父などから教えてもらう。

引用:復活の呪文 (ふっかつのじゅもん)とは【ピクシブ百科事典】

 まぁ正直こちらは大部分が制作側の遊び心とファンサービスでしょう

ですがふっかつのじゅもんを使うと同じ記録を別のハードでも遊べるという利点があります

つまり外に行くときは3DSで遊び、家では大画面でPS4で遊ぶということが出来るということですかね!

まぁ実際にはさすがにこの容量を完全に復活の呪文で再現することは出来ないので、主人公の名前やストーリー、レベル、お金など、ある程度の進行状況を保存して再開できるようになるそうです

もちろん教会で普通にセーブをすることも出来るので「ふっかつのじゅもんをミスったから一つ前のセーブに戻っちゃう」とかいうふっかつじゅもんあるあるの心配はしなくて大丈夫です

しかもこのふっかつのじゅもんにはさらに遊び心があり、なんと『ドラゴンクエストⅠ』、『ドラゴンクエストⅡ』の復活の呪文を使うことができます

過去作の復活の呪文を使うことで、所持金や所持品が変わり序盤の攻略がちょっとだけ楽になるそうです

スキルパネルシステムで自由な育成が可能に

f:id:s1621235:20170505162847p:plain

これまでのドラゴンクエストではキャラクターを成長させるために、レベル上げ以外に職業システムやスキルシステムなどといった様々な育成システムが有りました

今回のドラクエⅪでは今までのスキルシステムをさらに自由度をあげた「スキルパネル」という育成のためのシステムを導入しています

スキルパネルは仲間たちの個性に応じたスキルがパネル状に並んでいるもので、レベルアップなどで取得したスキルポイントをパネルに割り振ることで、特技を取得したり能力アップの効果などが得られます。

どのスキルを選んで育成するかは自分次第なので、以前までのスキルシステムよりも更に育成の自由度が増しました

f:id:s1621235:20170505163004p:plain

例えば色んな方向に伸ばしていきバランスの取れたキャラクターにするもよし、一つの方向に集中し一芸に秀でたキャラクターにするも良しです

パネルの形は仲間によって異なり、武器やキャラクターそれぞれの個性に応じたスキルもあるようです

もともとスキルパネルシステムのようなものは他のRPGでも導入されており、同じスクエニが出しているFFⅫなんかでも似たようなシステムを導入しています

個人的には職業システムがすごい好きなんですが、あれだとキャラクター自体のこせいや固有の技が生きにくいっていう欠点もあるので今回のスキルパネルシステムは注目です

新システムについて

ドラゴンクエストⅪでは『ゾーン』と『れんけい』という戦闘での新たなシステムが導入されます

どちらも強敵と戦う上では必須となると思うので、どんなシステムかしっかり理解しておくといいでしょう

ゾーンって何?

超一流のスポーツ選手とかが極限の集中力を発揮した時に『ゾーンに入った』とか言われますよね!

それと一緒でドラクエⅪでもゾーンに入ると集中力が高まり、戦闘力が一時的にアップします

感覚としてはドラクエⅧのテンションシステムに近いですね

ですがテンションと違うところはゾーンは攻撃を受けたりすることがきっかけでゾーンに入るため、ランダムで起きるようです

ピンチの際にゾーンに入ればピンチをチャンスに変えることが出来ますが、ゾーンは相手のモンスターを起こることもあるので倒せそうになっても一気にピンチとなることがあるので注意も必要です

 

れんけいって何?

ゾーンに入るとただ戦闘能力がアップするだけでなく、さらなる力を得ることができます

ゾーンに入ると仲間たちがチカラを合わせて、強力な連携技を放つことが出来ます

例えば主人公の剣にに魔法を合わせて爆炎切りなんかもできちゃいます!

ですが、れんけいも相手のモンスターも使ってくるので注意が必要です

まぁドラクエファンとしてはモンスターのれんけいもみてみたいですけどね!

レッドイーターとブルーイーターのれんけいとか激熱ですね!

まとめ

 ドラゴンクエストの最新作がついに発売ということで本当に楽しみですね!!

ついにロトシリーズに関わる物語ということでワクワクが止まりません

上でも言いましたが、ドラクエⅪをプレイする前に是非ドラクエⅠ、Ⅱ、Ⅲをプレイしておくといいと思いますよ!!

それでは続報があり次第追加していきますねー

それでは