優しい王国の過ごし方

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しい王国の過ごし方

好きなことを好きなだけ書いていくブログです

2006WBCの日本の優勝がどれだけ奇跡的だったか振り返ろうと思う

 

f:id:s1621235:20170314214821j:plain

なんだかんだ今年のWBCも激アツですね

開幕前は阪神に負けたりオリックスにも危なく負けそうになったりで不安な人も多かったでしょう

もちろん僕もめちゃくちゃ不安で、正直1次ラウンドで負けることすらありえるんじゃないかと思っていました

ですが開幕してみたら日本初の開幕4連勝だったりで、今大会での優勝を期待しちゃっています

WBCといえば2006年の第一回大会で日本が優勝したことはみなさんも知っていると思います

ですが実はこの大会で日本は二次ラウンド敗退がほぼ決まってる状況から、奇跡的に決勝リーグに進出したのです

そこで今回はその当時の日本がどれだけ奇跡的なことを起こしたかを振り返ってみます

そもそも世紀の大誤審から始まった

第一回大会を語る上で外せないのはボブ・デービットソンでしょう

第2ラウンドA組初戦での日本-アメリカ戦の3-3の同点で迎えた八回表一死満塁の西岡剛の三塁から本塁へのタッチアップが捕球より早かったとし、二塁塁審はセーフとしたものの、バック・マルティネス監督の抗議に応じ、球審のボブ・デービットソンはアウトと判定を下して、事実上のダブルプレーとなり3死となった。その後、日本は九回裏にサヨナラ安打を許してしまい、3-4で敗れた。2006 ワールド・ベースボール・クラシック - Wikipedia

 ありえない大誤審でしたね

野球に限らずあらゆるスポーツ大会の中でもトップクラスの大誤審とも言えるでしょう

何がひどいって、人間が審判をやっている以上はミスはあると思いますがこれは圧倒的に故意的なジャッジです

実はこの審判は次のメキシコ対アメリカ戦でもアメリカに有利すぎる大誤審をしています

第2ラウンドA組最終試合の三回裏、メキシコのマリオ・バレンズエラがアメリカの先発ロジャー・クレメンスから放った打球はライトポールに当った(本塁打となる)ものの、前述のボブ・デービッドソン二塁打と判定した。なお、試合はその誤審で怒りの導火線に火が点いた。メキシコが2-1と勝利し、失点率で日本の準決勝進出が決定した。メキシコのフランシスコ・エストラダ監督らがポールの黄色い塗料が付着したボールを見せ抗議したものの、抗議は却下された。この件に関してメキシコの監督は「球場全体が本塁打だと思ったはずだが、審判だけがそう思っていなかった」、本塁打を打った選手も、「あれ(ポール)がフェンスに見えたんだろう」とコメントしている。2006 ワールド・ベースボール・クラシック - Wikipedia

ポールに当たって塗料までついてるのにファールって・・・・

証拠もあるし目撃者も死ぬほどいるのに、それでもこのジャッジを下せるボブ・デービットソンはある意味最強メンタルかもしれませんね

ちなみにこの審判は先日引退されました

www.nikkansports.com

いやー、外国の審判の名前なんてよっぽどの野球ファンでも1人も覚えてないだろうに、こんなに覚えられてるなんてある意味すごいですね

こんな史上最悪とすら言えるような大誤審ですが、これがきっかけで日本は奇跡的な決勝進出を決めることとなりました

日本が決勝に進出出来る可能性は限りなく0に近かった

この大誤審があったアメリカ戦も影響し、このリーグの最後のカードであるアメリカ対メキシコを残した段階では日本が決勝リーグに進出する条件は非常に厳しいものとなっていました

f:id:s1621235:20170314212510p:plain

最後のアメリカ対メキシコの試合を残した結果が以上の通りです

上位2チームが決勝ラウンドに行けるので、日本が決勝ラウンドに行くためにはまずはメキシコがアメリカに勝ち「1勝2敗」のチームが3つある状況に持ち込む必要があります

そして三つ巴となった時はその3チーム間の試合の失点率が一番低いチームが2位になります(2017年大会ではルールが変わっています)

その失点率で日本が最小になるためには、延長なしならアメリカが2失点以上延長ならアメリカが3失点以上する必要があります。

つまり

アメリカがメキシコに延長なしなら2失点以上、延長ならアメリカが3失点以上して負ける必要がある

ちなみにメキシコが決勝リーグに進出するためには

少なくとも延長13回までアメリカを0点に抑えると共に自らも意図的に得点を取らず、かつ後攻のため13回以降に3点本塁打または満塁本塁打を打つことが条件でした。

しかも万が一0-0で延長13回まで行ったとしてもアメリカが故意四球を連発して1失点でサヨナラ負けすればアメリカが決勝進出だったので、事実上メキシコの決勝リーグ進出の確率は0です。

そのためメキシコは、試合前日にはディズニーランドに行ったりとアメリカ良好を満喫しているという始末でした(しかもユニフォームでwww)

f:id:s1621235:20170314215547j:plain

普通にメキシコとアメリカが試合したとしてもメキシコが勝つ確率はただでさえ低いのに、さらにメキシコはモチベーションが無かったので勝つ確率は0に近いという状況でした

ましてや2失点以上させて勝つなんて奇跡を起こす以外ありえません

しかし奇跡は起こる

ですが御存知の通り奇跡は起こしました

上でも紹介しているとおり、ボブ・デービットソンの大誤審に怒ったメキシコが意地で勝ったのでしょう

あまり勝つ理由がなかったメキシコに勝つ理由を与えてしまったのです

つまりこの大誤審がなければメキシコはそこまで力を出さなかったかもしれません

そう考えると奇跡といっても過言じゃないですよね?

ちなみにこの一連の奇跡はアナハイムの奇跡と呼ばれています

2017年大会は・・・

まぁだからといってどうということはありませんが、今大会で日本が優勝する確率はアナハイムの奇跡を起こすよりは確率が高いと個人的に思っています

要するに僕が言いたいこと

日本がんばれーーーー

野球面白すぎるんじゃーーーーー

(二次ラウンドキューバ戦を見ながら執筆)

それでは